佐賀県と福岡県の県境にある旧三瀬村の地場産品振興部会の方々と一緒に最高の糀造りを

目指して製造法を昨年より改善してきました。

この三瀬峠は、標高約450mの高原で昔から三瀬米は味が良い事で知られています。

山間の水は福岡市内の料理屋さんがわざわざ汲みに来られるほどの名水です。

良い米と水からできる糀は、間違いなく高品質!

産直場では以前より「やまびこ味噌」が大変人気で製造が追い付かないくらいの勢いで売れている

のですが、味噌に加えて糀そのものや甘酒・塩麹の販売にも力を入れていこうということで

品質の改善に余念がありません。

改善の結果米粒一つ一つの内部に麹菌がハゼ込んでいて、見た目の美しさにもこだわった良質の

米糀が完成しました。

IMG_1221

麹製造器です

三瀬地場産糀 022

全面に咲いた糀の花です

三瀬地場産糀 009

麹の胞子が表面に着いています

早速甘酒を専用の器具(約10リッター製造可)で仕込んだところ、とても甘くて美味しい

「甘酒」ができあがりました。

農業試験場にて糖度を測定したところ申し分のない数値が得られました。

味と共に大切な酵素の量も豊富。良い商品が出来そうです。

先日私は見逃したのですが今人気の林修先生の番組で非加熱の甘酒の効果を紹介されたようです。

生麹で造った加熱処理されていない甘酒にはアミラーゼ、プロテアーゼ、リパーゼといった

三大消化酵素がたっぷりと含まれています。

女性の美肌つくり、お通じの改善、ウエストまわりの気になる部分の改善に期待が持てるところ

これ重要ですね。

「甘酒」いつ飲むんですか?

今でしょ!!