先日「黒麹仕込みの簡単秋の酵素造り」

をご紹介しましたが、

秋の酵素造りに欠かせない果物があります
のでご紹介させてください。

整腸作用がありカルシウムや鉄分など
血や骨の素となる成分を豊富に含んだ
「いちじく」です。

◎福岡県のブランドいちじく「とよみつひめ」
福岡県で交配育成された品種を登録された
福岡県内の生産者さんのみに栽培が限られた
高級ブランドのいちじくです。

生産量は全国第4位。
果肉の糖度はメロン並の17度もあります。

無農薬のものを選び皮ごと食べるのがおススメ。

酵素を造るときも皮ごと刻んでいれます。
4,5日もするといちじくの酵素の作用で皮も
トロトロに溶けてしまいます。

この「とよみつひめ」と何種類かの果物、そして
自家製の黒麹を混ぜることによって発酵が
スムーズに行われます。
またこの黒麹に含まれるクエン酸の効果で
より美味しく栄養価も高い酵素ができあがります。

先日仕込んだ「黒麹仕込みの秋の酵素」が
できあがりました。

「黒麹」の酵素の力でしょうか?抽出液が多いです。
これからは気温も下がって空気中の水分量も
減ってくるので糖分も減らしていいでしょう。

食前にソーダ割りでいただいています。
ファスティングにも良いと思います。