梅雨の最中南九州では記録的な豪雨に見舞われ大きな被害がでています。

これから梅雨末期にかけて被害が拡がらない事を祈ります。

一端雨が止むと今度は蒸し暑さで身体がだるく食欲も落ちてきてジメジメした気候に悩まされるというわけですが、

この季節になると香りが爽やかでパンチの効いた食べ物が欲しくなりますよネ。

よく創られた自然の摂理でしょうか ちょうど梅の実が実ってきます。

代表格は『梅干し』です。

もしかしたら貴方は梅干し名人ではないでしょうか?

塩分控え目、上等の南高梅を一つ一つ焼酎で拭いて・・・・とそれぞれこだわりがあるんでしょうネ。

今回ご紹介するのは旬の梅を使った『梅酵素』です。

無農薬であれば少々虫が食っていようがキズがあろうが形が小さいなどなど全然関係ありません。

お庭になっていませんか?     それともお友達の所にあるある

そんなのでいいんです。

私は畑を借りている三瀬村の産直場にお願いしました。不揃いですが無農薬の梅を格安で揃えてくださいました。

梅の実1梅は種をよけてザクザクと刻みます。

自家製の黒麹(発酵助成剤)とてん菜糖梅をサンドしながら瓶に入れていきます。

種も入れます。

梅酵素 001梅酵素 003

最後にてん菜糖で蓋をするように入れます。

梅はアルコール発酵しやすいので必ず一日2回以上混ぜて空気を入れてください。

梅酵素 006(一日後の様子液が上まで上がってきています)

アルコールが出てしまっても失敗ではありませんよ。

それは晩酌に炭酸で割って飲むのもとても美味しいです。

今の季節でしたら常温で約一週間でできあがります。

カスを絞って酵素は瓶などに移して冷蔵庫で保存してください。

搾りカスはジャムとしても食べられますしヨーグルトに入れたりパンに付けたり酢の物に入れたり使いまわしが出来ます。

冬場の酵素より驚くほど早く液が上がってきますので、今からでも間に合います。

出来上りの様子も後日アップします。

どうぞお試しください。