手造り酵素を使っていらっしゃる方々は
そろそろ秋の酵素の仕込みでは
ないでしょうか?

秋分の日が過ぎてから冬至までの間に
造るといいそうです。

冬の寒さに負けないよう身体を温めて
引き締めてくれる根菜類・果物・実物
などを中心に秋の野菜と野草で造ります。

秋の酵素の一例
野菜:ブロッコリー、カリフラワー、白菜
    小松菜、唐辛子
根菜:さつまいも、里芋、にんじん、ごぼう
    大根、かぶ
きのこ:しいたけ、えのき、しめじ

果物:りんご、なし、ぶどう、柿、いちじく
    みかん、柚子、かりん
木の実:栗、くるみ、なつめ

穀物:大豆、小豆、玄米、雑穀

材料は無農薬の物をおすすめします。

これらの材料をそろえるのはとても
大変ですネ。

そこで私のこの秋の酵素造りのおすすめは
手近にそろう材料と手造り「黒麹」を
使ってクエン酸たっぷりの秋の酵素原液は
いかがでしょうか?

発酵教室ではこの秋から『麹ソムリエ』の
ライセンス取得講座を開講するように
現在準備しています。

この講座では「黒麹の造り方」や「玄米麹」
の造り方など数種類の麹の造り方を
マスターしていただき、日常の食生活に
応用していただけるような内容にして
おります。

詳細は又このブログでご紹介させて下さい。

黒麹仕込みの簡単秋の酵素

パイナップル、いちじく、カボス、キウイ
てん菜糖、黒麹

(手造り黒麹です。クエン酸たっぷり)

(一週間後には美味しい酵素の出来上がり)
柑橘系がはいりますのでエキスもたっぷり
黒麹のクエン酸効果も加わって力強い
パンチのきいた美味しい「秋の酵素」が
お手軽にできました。
残暑が残るこの季節には最適です。