今日は、オリジナルの金山寺味噌(おかず味噌)

の作り方をお伝えしますね。

発酵教室では、麹の作り方をご指導

しています。

米麹はもちろんのこと、麦麹や

玄米麹もつくりますが今回は

麦麹を使います。

地方によっては、作り方も違いますし

呼び方も「おかず味噌」とか「なめ味噌」

とかあるようです。

ご飯のお供に、また酒のつまみにと

保存がきくので、作りおきしておくと

便利ですョ。お酒

酵素もたっぷり含んでますしね。

麹(こうじ)でロハス

まず材料です。

麦麹・・・・250g

大豆(煮たもの)・・・375g

これは大豆150gを煮た後の重さです。

醤油・・・・200cc

てん菜糖・・・30g

水あめ・・・・・30g

昆布・・・・・適宜

麹(こうじ)でロハス

麦こうじです。

麹(こうじ)でロハス

柔らかく煮た大豆です。

以上を混ぜ合わせます。

容器に移して冷蔵庫で熟成させます。

次の日から食べられますが、麦麹が

柔らかくなるのに一週間ほどかかる

ので、一週間待ちましょう。(^-^)/

てん菜糖の量は、お好みで加減して

ください。

私は甘めが好きです。(-^□^-)

水あめは、なくてもいいですが

入れるとツヤとコクが出ます。

博多弁でカッコつけてることを

「ツヤつけとーねー」と言います。

ちょうどツヤつけた金山寺みそに

なるんです。(//・_・//)

昆布はキッチンばさみできざむと

いいですよ。

その他に茄子や人参の刻んだ

物を入れても美味しいです。

プランターで人参を作っているのは

以前書きましたが、人参の葉ごと

ザクザク刻んで入れると

とても美味しいです。

酵素たっぷりの金山寺みそご飯の

お供にいかがですか?おにぎり

麹(こうじ)でロハス

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ