昨日のブログでご紹介した「白菜漬け」今日

待ちきれずに試食しました。

麹(こうじ)でロハス

塩加減をかなり抑えて2%にして正解でした。

本漬けの段階で塩麹を足しますので、控え

目にしたのですが、良い塩梅(あんばい)で

す。

今日の段階でサラダ感覚で食べられます。

噛むと白菜の甘味がジュースになって出て

きて、もうこれでご飯何杯でもいけそうです。

私は、やや浅目の漬けた物が好きなので

残りはビニールに入れて冷蔵庫で保存しよ

うと思います。

白菜一株ですから場所もとらず、無くなった

ら又良い白菜を見つけて作ればいいし、

これで10日間ぐらいは、美味しい白菜漬け

が食べれます。

食料品は保存の仕方を工夫して長持ちばか

りを考えていると、つい食べごろを逸してし

まいます。

この白菜も郊外の産直場で一株2kg程で

150円でしたが、漬け物にすることで10日

も楽しませてもらえてとても有り難いことで

す。

ここに行きつくまでは、少々時間が掛かり

ましたけど、火は一回も使わず太陽の日

差しと命の塩だけ、

麹(こうじ)でロハス

食べる時は洗って切るだけと、段取りさえ

しておけば簡単ですよネ。

何より美味しいし家族も大喜びです。

手作りの漬け物には、乳酸菌が豊富

でしかもヨーグルトなどの動物性の乳酸

菌に比べて植物性の乳酸菌は、とても

強いので腸に届く割合が高く腸内環境に

とても良いそうです。

また毎回食事に加工していない生の物を取

り入れることを心がけていますが、生野菜の

ジュースやサラダばかりではカラダを冷やす

ばかりですので、発酵食品を使ってたくさん

の酵素を摂取することをオススメします。

年齢がいくと消化力が落ちて胃腸の調子

が悪くなると思っていたのですが、膵臓から

出る酵素の量が歳をとるに従って減って

消化できないのが原因なんだそうです。

その証拠に食前に酵素たっぷりの生野菜や

フルーツと一緒に甘酒を飲むと食事の後も

カラダが爽快で胃がもたれることはありませ

ん。

私の目的は節約することだけではありません。

節約は手段で目的は、有意義な物を「食べる」

ことなので、これからも食品を無駄にせず短

時間で調理できる食事をご紹介していきたい

と思っています。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ