今日は、午後から発酵教室を行い

合わせ味噌を造りました。

10名の方々とお子様も一緒にたのしい

ひと時を過ごすことができました。

ありがとうございました。(^∇^)

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

子供たちもお母さんと一緒に頑張ってお味噌を

つくりました。

約4ヵ月後には、美味しい味噌になって

お味噌汁を食べる時、お母さんと造った今日のことを

きっと思い出してくれることと思います。

日本では昔から米、麦、あわ、ひえ、大豆を

「五穀」と呼び、これらの作物をとても大切に

してきました。

現在でも収穫期の秋には「五穀豊穣」を祈る

行事が全国各地で行われています。

わたしの住む博多は、大豆と米と麦を使った

合わせ味噌が、多く食されています。

全国各地には、その土地に合ったいろいろな

お味噌があります。

これからも母から子へ伝えていく伝統食を

少しずつご紹介していきますので御参考に

なさってください。

明日は、この「博多風合わせ味噌」の造り方を

ご紹介したいと思います。