先週末福岡県行橋市へ出張発酵教室に行って来ました。

今回は季節の梅酵素作りを行いました。

発酵助成剤として自家製の生米麹を使い、てん菜糖を添加して仕込みます。

行橋発酵教室酵素 001行橋発酵教室酵素 003梅酵素 011
この季節ですと約10日程で酵素液が分離してきますのでそれを絞ればフルーツ酵素液のでき上げりです。

梅酵素 003

できあがりの梅酵素のソーダ割り

皆さんに大変喜んでいただきました。

このように発酵教室では、ご家庭で麹造りや味噌造り、甘酒造り、酵素作りなどが簡単にできるようにご指導しています。

特に米麹・麦麹・玄米麹・黒麹を手造りすると、お味噌や塩麹・甘酒などとても経済的に造れるようになります。

さらにご自分でつくったお米などで麹を造れば特別な物になりますよネ。

最近ではハトムギやソバに適した種麹を使い薬膳麹等も造っています。

滝川さん講習会 120

ハトムギ麹

これらの雑穀は昔から民間療法に使われてきた薬効の高いものです。

また、麹と甘酒がアレルギー症状の抑制に効果が期待できるという研究データがたくさん発表されるようになり

薬膳麹によるさらなる発酵食品作り等手作りの愉しみが健康的な食生活作りに繋がっていく喜びを感じています。