仕事の合い間を見て日田の畑に行って
来ました。

人参、大根、里芋、さつま芋、など
収穫してタマネギの植えつけに備え
ます。

畝作りとは
畑の土を細長く盛り上げると水はけが
良くなり、栽培場所と通路の区別を
することで野菜の生育管理がしやすく
なります。

畝の向きは東西へと横長く作るのが
理想的です。

今年の春経験したので、畝作りの大切さ
が後になってわかってきました。

キャベツは虫に食べられてレース。
白菜は良い感じに葉が巻いてきました。
テントウムシのお蔭。

この白菜で《麹キムチ》を作ろうと思って
います。

今年は援農という形式で無農薬大豆
作りに挑戦しました。

薬剤処理していない種を蒔いたので
少々カラスに食べられましたが、
いよいよ収穫の時が来ました。

(黄色く枯れているのが大豆です。)

(フクユタカです。)

(黒大豆も大きく育っています。)

今年の夏7月27日に大豆の種を
撒いてから4ヶ月いよいよ今週末から
大豆の収穫が始まります。

真夏の炎天下での草取りや虫取りの
ことなど今となっては良い思い出です。

今から収穫の喜びでワクワクして
います。

7月17日第一回援農(種まき)

8月16日第二回援農(土寄せ、草取り)

9月17日第3回援農(土寄せ、草取り)

11月22(土)、24(祝)の両日久留米の
大豆畑で大豆の収穫作業を行います。

福岡の教室の皆さん10時に久留米市
本山のスーパー駐車場集合です。

たくさんの応援お願いします。