今日は、午後から発酵教室でした。

発酵教室といっても今日は、手作りで

麹入り石鹸と、ふ海苔とローズマリーを

入れたシャンプーバーを作りました。

この手作り石鹸使った方々には、とても

評判がよくて、シャンプー替わりに使って

いる男性からも髪のハリが出て抜け毛が

減ったと喜ばれています。

今日はその《ふ海苔とローズマリーの石鹸》

の作り方をご紹介します。

オイルと苛性ソーダと精製水で作る手作り

石鹸は、発熱や刺激臭が発生して危険で

す。また使うオイルによっても配合が変わ

ってきますので必ず専門書等をご覧になっ

て作ってください。

ここでは、材料の配合と流れをご説明しま

す。

◆材料

・オリーブオイル・・・・300g

麹(こうじ)でロハス

・パーム核油・・・・・・100g

麹(こうじ)でロハス

・苛性ソーダ・・・・・・・・47g

麹(こうじ)でロハス

・精製水・・・・・・・・・・160cc
・ふ海苔・・・・・・・・・・10g

麹(こうじ)でロハス

・ローズマリー・・・・・・5g

麹(こうじ)でロハス

◆作り方

①ステンレスのボウルにオイルとパーム

 核油を入れる。

麹(こうじ)でロハス

②湯せんで38~40℃に温める。

麹(こうじ)でロハス

③耐熱ガラスビンに精製水を入れその

 中に苛性ソーダをゆっくり入れていき

 よくかき混ぜて完全に溶かします。

※この作業時に刺激臭が発生します。

 溶液も高温になるので要注意

麹(こうじ)でロハス

④苛性ソーダが溶けたら冷水の入った

 ボウルに浸けて40℃になるまで冷ま

 します。

麹(こうじ)でロハス

⑤オイルに溶液を加えながら素早く

 かき混ぜます。

麹(こうじ)でロハス

⑥温度を40℃に保ちながら20分間

 混ぜ続けます。

麹(こうじ)でロハス

⑦後は、一時間おきに混ぜます。

⑧泡立て器を持ち上げた時垂れる液で

 うっすらと線が付く硬さになったら

 石鹸タネの出来上がりです。

麹(こうじ)でロハス

⑨石鹸タネができたら細かく粉砕した

 ふ海苔とローズマリーを混ぜ込みます。

麹(こうじ)でロハス

⑩型に流し込みます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

⑪温かいところで24時間以上寝かせ

 ます。

⑫型から外して乾燥させます。

麹(こうじ)でロハス

通気の良い所で3ヶ月ほど乾燥させたら

石鹸の出来上がりです。

手作りの物はなんでも手間暇が掛かり

ますが、一度髪の地肌に使ったら、

他の物は使えません。

泡立ちも良いしそのまま顔までも洗え

ます。

是非ご自分だけの石鹸を作ってみてく

ださい。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ