酵素生活(和風ローフード)のすすめ

今年の夏作った酵素原液です。

「ブルーベリー酵素」と「パイナップル&ローズマリーの酵素」


まずはじめに家庭菜園の続編です。

わたしのような初心者向けの葉物野菜の育て方をご紹介します。

まずは土づくりです。古いプランターの土をお持ちの方は

先日ご紹介した方法で再生させてください。

新規で始める方は、園芸店で野菜などに適した土を購入されて

ください。

ほどよいバランスで水をやるだけで野菜やハーブなどほぼなんでも

OKな土があります。

土の準備ができたらたっぷり水を含ませた土にコマツ菜の種を蒔き

ます。うすめに土をかけてカマボコ板のような物で軽く押さえます。

早いものでは、一週間程で芽を出します。



コマツ菜は、アクが少なくビタミンA,K,B群、C、カリウムなどの

多くの栄養素を含んでいるそうです。

食物繊維も多く、生酵素ジュースには最適のお野菜だと思います。



ぜんぜんニガクありませんよ。りんごやバナナ、くだものととても

相性がいいです。

もちろん生甘酒も入れます。おかげで私の便秘解消の要因の一つになっ

てます。



ここでちょっと便秘症改善の方法をお話しさせてください。

私自身頑固な便秘症で長いこと悩まされていました。

漢方薬や食物繊維の多い食材を摂ったり運動、お茶、お水など良いと

言われるもの全部試しましたが一時的な改善でしかありませんでした。



私の体験から申し上げますが、便秘は単一の方法では本当の改善には

至りません。

それにはいくつかの合わせ技が必要です。



その① 食物繊維の多い食材を摂ることを意識します。

その② お茶やお水を効果的に摂る。

その③ お腹の右側にある上行結腸と左側の下行結腸を意識して伸ばす体操をする。

その④ 消化・吸収・代謝を促す酵素を摂取する。



このうち④は、絶対に外せません。

便秘に酵素のチカラが大きく関わっていると気付いたのは、生の

パイナップルを入れたパンをつくっていた時のことです。



パンづくりをする方は、ご存じかと思いますがパンは簡単にいうと

小麦粉と水と酵母をこねて生地をつくり好みのフィリング(具)を

つめてから発酵させて充分膨らんだところで焼きます。


生のパイナップルを具として生地につめると発酵している途中で

パイナップルが生地を突き破ってでてきてしまいます。



これはパイナップルに含まれるたんぱく質分解酵素の仕業だと気付きました。

つまりパンの生地はグルテンというたんぱく質が生地のつなぎ役をしている

ために、このたんぱく質がパイナップルの酵素によって分解されて生地が

溶けてしまうのです。



これは身近な料理にも応用できます。肉のカタマリも生のパイナップルで

下ごしらえすると30分ほどで表面から肉のたんぱく質が分解されとても

柔らかくなります。



タンパク分解酵素を多く含む甘酒(加熱処理していない)や塩こうじでも

同じこと効果が得られます。

当然お腹の中でも同じこと起きるはずですよネ。

素を意識して摂るようになって劇的に私のお腹の調子も改善しました。


家庭菜園で作る無農薬取りたて新鮮野菜にも貴重な酵素とビタミンCが

含まれています。

さらに生の甘酒や塩こうじには何百という種類の酵素がふくまれている

そうです。

腸の調子は十人十色でもし便秘でお悩みの方がいらしたらお試しになっては

いかがでしょうか?



腸内環境を整えるお話は時々触れていきますのでご参考に。

お役に立てたら腸うれしいです。