今朝は、今期最低気温でした。

福岡市内で0℃ 久しぶりに車の

窓が真っ白に凍ってました。

体調崩されてませんか?

忙しい年の瀬乗り越えていきましょう。

さて、今日は白神こだま酵母と福岡県産

小麦粉でつくる《ナン》ご紹介します。

インド料理のナンは、当然卵・乳製品が入って

いますが、今回ご紹介する当店オリジナルの

ナンは、卵・乳は使わずにもちもちで

ふわふわの美味しくて、しかもご自宅の

フライパンで簡単に作れます。

使用材料

◆湯種用

国産小麦粉(強力粉)・・・・・・・・30g

熱湯(80℃以上)・・・・・・・・・・・40g

湯種とは

今回は生地にモチモチ感を出すために

予めお湯で小麦粉を一部混ぜて

デンプンの塊りを作っておきます。

国産小麦粉(強力粉)・・・・250g

てん菜糖(きび砂糖でも可)・・22g

ヒマラヤ岩塩(天日塩でも可)・・4g

豆乳(無調整)・・・・・・・・・・28g

菜種油・・・・・・・・・・・・・・・・14g

天然水・・・・・・・・・・・・・・・150g

白神こだま酵母(ドライ)・・・・5g


※通常のホームベーカリー1斤用の分量です。

約500gの生地ができます。

◆ナン生地作り

湯種用の小麦粉30gに熱湯(80℃以上)

を40cc注ぎながら混ぜる。

麹(こうじ)でロハス

小麦の炭水化物は、80℃以上に

温めるとデンプンになります。

混ぜるとデンプンの塊りができます。

麹(こうじ)でロハス

通常の生地をホームベーカリーで

こねます。

酵母の準備などは、以下の以前の

記事をご参照ください。

白神こだま酵母パン作り②

麹(こうじ)でロハス

コネながら湯種を小分けにしながら

生地に混ぜ込みます。

約20分捏ねるとナン生地のできあがり

です。

麹(こうじ)でロハス

生地を6分割(約80g)して

ビニールに入れて冷蔵庫で

一晩熟成させます。

麹(こうじ)でロハス

翌日冷蔵庫から生地を出します。

麹(こうじ)でロハス

常温で約一時間発酵させます。

乾燥しないようにビニールをかけます。

麹(こうじ)でロハス

生地を手のひらにのせて生地を

少しづつ伸ばしていきます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

ナン特有の涙形に形を整えます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

ここまで出来たらいよいよ焼成です。

フライパンを温めてください。

麹(こうじ)でロハス

フライパンにナンをのせます。

麹(こうじ)でロハス

フライパンに蓋をします。

麹(こうじ)でロハス

1~2分でふたをとってナンを

裏返してまた1~2分焼きます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

美味しいモチモチでフワフワの

ナンのできあがりです。

熱いうちにカレーに付けて

食べちゃてください。

マクロビホウレン草カリーはこちらからどうぞ

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ