寒いと外遊びできないので、お子様の

いらっしゃるご家庭などストレスがたまって

しまってついついイライラしたりしませんか?

そんな時いつもよりちょっと贅沢な

パネトーネなんか焼いてお子様を

喜ばせてあげてはいかがでしょうか?

パネトーネは、

イタリアの伝統的な菓子パンの一つで

クリスマス前の4週間(待降節)には

各家庭でたくさん作って親族や友人に

配る習慣があるそうです。

今日は、国産小麦と白神こだま酵母で

どなたでも簡単に焼ける、

プチパネトーネを作ります。

カップケーキ用の小さな紙カップを使い

ますので以外とうまくいきます。

たくさん焼いてお友達にも差し上げると

喜ばれること間違いなしです。

それでは作り方をご紹介します。

◆配合◆

国産小麦粉(強力粉)・・・300g

砂糖・・・・・・・・・・・・・・・・・・37g

塩・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・6g

牛乳・・・・・・・・・・・・・・・・・・45g

無縁バター・・・・・・・・・・・110g

水・・・・・・・・・・・・・・・・・・・30g

白神こだま酵母(ドライ)・10g

卵・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・2個

※通常のホームベーカリー一斤用の

 分量です。

 約600gの生地ができます。

ホームベーカリーで生地つくりご参照ください

◆ドライフルーツを用意します。

ドライフルーツ・・・・・・・・・・200g

ラム酒・・・・・・・・・・・・・・・・適量

麹(こうじ)でロハス

ドライフルーツは密閉ビンなどに入れ

ラム酒を注ぎます。

冷蔵庫に入れ2,3日後から使え

ますが一ケ月ほどおくとさらに

風味が増し、パネトーネの日もちも

良くなります。

◆作り方

上記の配合で約600gの生地ができ

ます。50gづつに分割して一晩

冷蔵庫で熟成させます。

生地はかなりべたつきます。

もしこねてまとまらない時は、少しづつ

小麦粉を入れてください。


麹(こうじ)でロハス

①紙カップを用意します。

100円ショップにあります。

生地を冷蔵庫から出します。

麹(こうじ)でロハス

②生地を丸く伸ばします。12,3センチ

麹(こうじ)でロハス

③ドライフルーツをのせます。

麹(こうじ)でロハス

④生地を三つ折りにしてドライ

フルーツを包みます。

麹(こうじ)でロハス

⑤しっかりとじ目をつまんで閉じます。

麹(こうじ)でロハス

⑥とじ目を下にして紙カップに入れます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

⑦紙カップからでるまで発酵させます。

 (目安35℃で約1時間)

麹(こうじ)でロハス

⑧発酵したら180℃で15分焼いて

 粉糖を振ったら

 プチパネトーネのできあがりです。

 是非お試し下さいね。

次回は、ピザの作り方をご紹介します。

お愉しみに

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ