今回は、「白神こだま酵母」で乳・卵

アレルギー対応のあんぱんをつくり

ましょう。

あんぱんは、現在でも東京銀座に

ある木村屋さんで誕生しました。

お店に入ると木箱に数種類の

ちょっと小ぶりのあんぱんが並んで

います。

食べると生地がとても柔らかく

良い風味です。

このあんぱんは木村屋さんの初代

木村屋安兵衛さんが、日本ではじめて

西洋から持ち込まれたイースト(酵母)

ではなく、日本独自の酵母を米こうじ

からつくって、日本人の体に合うように

つくった初めての菓子パンなんです。

今から140年ほど前のことです。

それ以来私たち日本人には、とても

親しみのあるパンですよね。

たぶんあんぱんを食べたことのない

日本人は、いないのではないでしょうか?

今回は、そのあんぱんを、日本に太古から

生き続けている「白神こだま酵母」を

使って作ってみましょう。

小豆あんから作りますから、ご自分に

合った甘さでより体に優しいあんぱん

に焼き上がりますよ。o(^▽^)o

1、粒あんの作り方

 小豆300g  てん菜糖150gで

 約800gのあんができます。

 

 あんぱん1個に50g使うので

 16個分の餡ができます。

麹(こうじ)でロハス

小300gを3倍の量の水に入れて

一晩浸します。

麹(こうじ)でロハス

翌日小豆を炊きます。水を足して

ぐつぐつと沸いてきたら茹でこぼし

ます。

これを3回繰り返し

アクを抜きます。

麹(こうじ)でロハス

小豆の硬さは、指でつぶれるくらい

柔らかくなったらOK!

麹(こうじ)でロハス

水をきります。

麹(こうじ)でロハス

てん菜糖を小豆の半分150gを

2回に分けて入れます。

中火



麹(こうじ)でロハス

砂糖を入れたらぐつぐつと水が

上がってきて砂糖が溶け始め

ます。

時々木べらを手前から押すように

して小豆を動かして煮詰めていきます。

こがさないように!!


麹(こうじ)でロハス

煮詰まったらバットなどに広げて

冷まします。

保存は、冷蔵庫で約1週間です。

2、あんぱんの作り方

  生地作りは、今までと同じです。

  生地作りは、こちらへ

麹(こうじ)でロハス
 

  

麹(こうじ)でロハス


冷蔵庫から出した生地(50g)を

麺棒で伸ばします。

直径8cmくらいの円形

麹(こうじ)でロハス

餡を50gに小分けして団子状にします。

麹(こうじ)でロハス

生地を手のひらに乗せて、生地の

端をつまんで真ん中に集めていきます。

生地をつまんでしっかり閉じます。

麹(こうじ)でロハス

とじ目を下にして手のひらで軽く

押さえながら扁平にします。

麹(こうじ)でロハス

ごまを乗せて発酵させます。

冬場は温めたオーブンに入れて

1.5倍~2倍に膨らんだら

焼成します。

麹(こうじ)でロハス

170℃―15分(目安です)

焼成したらあんぱんの出来上がりです。

是非作ってみてくださいね。

次回は季節の果物りんごを使った
アップルシナモンパンです。
お愉しみに(^O^)/

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ