本日はお店の主力商品である「豆乳ベーグル」の

つくり方をご紹介します。

当然卵・乳は使いませんし、フワフワでもっちりの

何もつけなくてもこれだけで美味しいベーグルです。

麹(こうじ)でロハス

パン教室でも一番の人気レシピです。

◆使用材料

国産小麦粉(強力粉)・・・・280g

てん菜糖(きび砂糖でも可)・・22g

ヒマラヤ岩塩(天日塩でも可)・・4g

豆乳(無調整)・・・・・・・・・・28g

菜種油・・・・・・・・・・・・・・・・14g

天然水・・・・・・・・・・・・・・・150g

白神こだま酵母(ドライ又は生)・・5g


※通常のホームベーカリー1斤用の分量です。

約500gの生地ができます。

◆生地つくり

①今までと同じ要領でホームベーカリーに

  材料を入れて生地をつくります。

麹(こうじ)でロハス

②約500gのこね上がった生地から

  約100g×5ヶをカットします。

③それぞれビニールに入れて

  冷蔵庫で一晩低温熟成させます。

◆ベーグルのつくり方

今回は基本のプレーンをつくります。

①一晩低温熟成させた生地(約100g)を

 使います。

麹(こうじ)でロハス

②麺棒で長方形に伸ばします。

麹(こうじ)でロハス

③三つ折りにします。

麹(こうじ)でロハス

④表を上にして長手方向に伸ばします。

麹(こうじ)でロハス

⑤裏返して上下をくっつけて棒状にします。

 この時に頭としっぽを作っておきます。

 しっぽ側は生地の端をつまんでくっつけ

ます。

 頭は生地の上下をくっつけずに広げて

 おきます。

麹(こうじ)でロハス

⑥手のひらで前後に転がしながら約25cm

 ぐらいに棒状に伸ばします。

麹(こうじ)でロハス

⑦両端を重ねて輪をつくります。

 しっぽ側に頭側を約5cmかぶせて包み

 込みます。

麹(こうじ)でロハス

⑧包み込んだ頭側のつなぎ目をしっかり

 つまんでくっつけます。

麹(こうじ)でロハス

⑨つなぎ目がある方が下ですので表を

 出して丸くなるよう形を整えます。

麹(こうじ)でロハス

⑩発酵は室温22℃前後で約1時間です。

 目安は1.5倍~2倍に膨らむまで待ち

 ます。

 ベーグルは霧吹きする必要はありません。

 注:オーブンシートにはくっつき防止の

   打ち粉を必ずしてその上に載せて

   発酵させてください。

麹(こうじ)でロハス

⑪ボイルは浅い鍋かフライパンに水を

 張って沸騰させてください。

 照りをだす為に甜菜糖を熱湯に入れて

 溶かします。

麹(こうじ)でロハス

⑫生地の表から沸騰した湯の中に入れます。

 (1分間)

麹(こうじ)でロハス

⑬箸で裏返して30秒間ボイルします。

麹(こうじ)でロハス

⑭鉄板に静かに戻して焼成です。

 写真左はラムレーズン入りです。

 右はプレーンです。

麹(こうじ)でロハス

⑮170℃~180℃で約15分焼成します。

麹(こうじ)でロハス

⑯ツルツルの表面のベーグルが焼き上が

 りました。

麹(こうじ)でロハス

このベーグルは、プレーンをそのまま食べ

ても美味しいですよ。

是非作ってみてくださいね。

 

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ