私は、8年ほど前からパン教室を

しています。

白神こだま酵母を使って、材料は

なるべく地元周辺のものを

そして卵と乳製品を使わないもの

です。

先日生徒さんのママが、自宅で

焼かれたパンの写真をメールで

送ってくださいました。

「私よりうまく作ったら困りますネ」

と言ったところです。

とても上手に焼けていてとても

美味しそうなのでちょっとご覧ください。

麹(こうじ)でロハス

どなたでも簡単に国産小麦で

柔らかくて美味しい天然酵母パンが

焼けます。 というのが教室の売り

なのですが・・・

素晴らしい!!

今週の金曜日に「ベーグルのパン教室」を

予定しています。

ご興味のある方は、お気軽にご連絡

下さいね。

麹(こうじ)でロハス

さて、今日の本題です。

今私たち日本人が食べている

小麦は、以前は自給率が100%あった

のですが現在では約90%が外国から

の輸入に頼ってます。

その輸入先の一位アメリカ、二位カナダ

三位オーストラリアとなっています。

驚くことに、今日本が輸入している

小麦は、実は日本生まれの小麦なん

です。

戦後GHQが日本で研究開発していた

農作物の新種の種子をアメリカに持ち

帰った中に「農林十号」という小麦の

新種があったそうです。

この「農林十号」を開発したのは

農学者稲塚権次郎博士という方で

この方は現在のコシヒカリ、ササニシキ

の親になった「農林一号」というお米も

開発された方なんです。

「農林十号」は、それまでアメリカで

作られていた小麦にくらべて格段に

収穫量が多く3から5倍もあったそう

です。

この小麦を親として現在数百種類に

及んでいる小麦は、全世界に広がり

全世界の小麦の生産量を3倍にも

しいるんです。

素晴らしい先人が、いらっしゃった

んですネ。

div id="teikeibun">

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ