春の魚と書いて鰆(さわら)

今が旬の魚です。

刺身で美味しいのは「寒鰆」と言って

1~2月の寒い時期の物で油がのって

美味しいです。

今の時期の鰆はわりとあっさりしていて

味噌漬けや味醂漬けに向いています。

今日は大きな鰆が手に入ったので香草焼き

(ムニエル)にしてみました。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

皮と身の間に独特の匂いがしてこれを

嫌う方もいらっしゃるので塩麹で下処理

をしておきます。
たいへん身の柔らかい魚ですので、切身

で買う場合は身割れしていない鮮度の

良い物を見つけてください。

◆作り方

 材料

 ・鰆

 ○付け合わせ野菜

 ・人参 ・たまねぎ ・春菊 ・きのこ

 ・塩麹

 ・小麦粉

 ・こしょう

 ・香草(タイム)

 ○ソース

 ・発酵マスタード

 ・豆乳ヨーグルト

 ・酢

 ・岩塩

 ・オリーブオイル

麹(こうじ)でロハス

切身にした鰆に塩麹を塗って

一時間以上冷蔵庫で身をしめます。

麹(こうじ)でロハス

鰆の表面についた塩麹をペーパーで

よくふいて、皮目に数か所切り目を

入れておきます。

(火の通りも早いですし、新鮮ですので

はじけてしまいます)
胡椒をつけます。

麹(こうじ)でロハス

表面にうすく小麦粉をふります。

少し多めの油で両面カリッと焼きます。

麹(こうじ)でロハス

フレッシュタイムをたっぷりちらします。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

○付け合わせの野菜

 プランター菜園の人参と春菊と

 ちょっと焦がし目に焼いたたまねぎの

 スライスときのこのソテー

○ソース

 発酵マスタードに自家製豆乳ヨーグルト

 岩塩・酢・オリーブオイル少々入れて

 よくかき混ぜたもの。

○本日のスムージー

 ・人参

 ・リンゴ

 ・ケール

 ・豆乳ヨーグルト

麹(こうじ)でロハス

関連記事

発酵マスタードの作り方

早造り塩麹のつくり方

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ