今回は、塩こうじを使った《発酵マスタード》

造ります。

これは、昨年造ってみてとても

美味しくて、マスタード好きの私も

癖になったオリジナルレシピです。

よかったらご参考にしてみて

下さいね。(・∀・)

それでは早速レシピです。

準備するもの

・マスタードシード(今回はイエローマスタードを

 使いましたが、ブラウン、ブラックでもOK!

・ワインビネガー(アップルビネガーでもOK)

・ターメリック(うこん)

・ブラックペッパー

・塩こうじ

以上です。

麹(こうじ)でロハス

①前日にマスタードシードをワインビネガーに

 浸します。量は 1 : 1 (今回は少量10g)

②翌日マスタードシードにワインビネガーが

 染み込んでいるのですり鉢に移します。

麹(こうじ)でロハス

③塩こうじ少々、ブラックペッパー少々

 ターメリック少々を入れてすります。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

④粒をすりつぶしながらねります。

 粒を残せば粗挽きのマスタードです。

麹(こうじ)でロハス

⑤すぐに良い香りがしますが、2,3日

 冷蔵庫にいれて発酵熟成させると

 マイルドな辛味になっていっそう

 美味しくなりますよ。

好みのスパイスやフルーツなどを

入れると、またいろいろ愉しめます。

今回は、暖っか ポトフに添えました。

ヾ(@°▽°@)ノ

麹(こうじ)でロハス

いつものポトフが、レストランの味に

格上げです。

酵素が、お肉の味をアップさせるので

ハンバーグはもちろん

ステーキ、ソーセージなどお肉類には

すごく合いますよ。

また、洋食のスープなど[かくし味]で

足しますと、とても複雑な味になって

美味しいですョ。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ