今日は立春です。
いよいよ新しい年が始まりました。
益々世の中は混沌としてくるでしょうが
その中で前向きに日々明るく暮らして
いきたいですね。

さて今日は鯖の味噌煮をお昼に
作ったので塩麹を使った美味しい
調理法をお伝えします。

『塩麹』は貴方もご存じの通り
麹、塩、水を混ぜて発酵熟成させた
日本の伝統的な調味料です。

発酵教室では、甘酒ポットを使って
一晩で美味しい熟成された早造り
塩こうじの作り方をご紹介しています。

塩麹の利用法はネットで検索すると
200種類はザットでてきますが
今日は青魚の下ごしらえで私が
重宝している方法をご紹介します。

今日は鯖を使いました。
お水でよく洗わないと生臭くて
気持ち悪いですよね。

しかし魚の栄養素のほとんどが水溶性
なので洗えば洗うほど栄養分は抜けて
しまいます。

そんな悩みを解消してくれるのが
『塩麹』です。

ボールに水を入れて塩麹を大さじ2杯
ほどその中へ入れて『塩麹水』を
つくります。

その中で魚を洗い水気を切って調理
します。

焼き魚の場合は少し塩をふって焼き
煮魚の場合はこのまま調理します。

鯖の味噌煮をつくりました。
山椒をたっぷり入れてとても美味しい
です。

調理した後手が生臭くないのがとても
いいです。
どうぞお試しください。