栄養の整った日本食が海外で人気が高まって

いますよね。

特にアメリカでは、ビジネスマンやOLに簡単で

栄養のバランスを考えたHMR(高級持ち帰り

惣菜)の人気が高いそうです。

中でも寿司や刺身は、魚を生食で食べる習慣が

なかったため、独自の味付けにより、たとえば

カリフォルニアロールなど、新しいものが生まれ

ました。

また、日本のお米は味の良さから

「プレミアム ライス」として高い評価を

得ているそうです。

そこで今日は、簡単にできて、旦那さん、お子さん

まで喜んでもらえる『海鮮丼』をご紹介させて

下さい。

お刺身用の新鮮な魚を使いますが、すでにお店で

切ったものよりもブロックを買った方が、お得ですし

味も落ちていませんので"オススメ”です。

スーパーなどで見かける《本日のお買得商品》は

新鮮な魚が大量に入荷したという物が多いですので

このような時がチャンスですネ。

タイ、マグロ、ブリ、ヒラス、アジ、サバ、カツオなど

いろいろな魚が使えます。

今回は、ヒラスを使いました。

○材料          ○調味料

 ヒラス(ブロック)     塩こうじ

 カイワレ          しょうゆ

 すりごま

 わさび(少々)

 

麹(こうじ)でロハス

・まず、お刺身に塩こうじをなじませます。(15分くらい)

・すりごまとしょうゆでごまだれをつくります。

・塩こうじをなじませた刺身にごまだれをかけて

 (30分)冷蔵庫へ入れてなじませます。

 そのままで次の日でも食べられます。

※急ぐ時は塩こうじ、しょうゆ、ごまを一緒に

  魚とまぜこんで(15分)冷蔵庫に入れて

  ください。

※こうじの酵素が生ぐささをとり 魚表面の

  タンパク質を分解して旨味成分をつくるので

  刺身が一段と美味しくなるんです。

麹(こうじ)でロハス

・丼にごはんを入れ刺身を盛り付けて

 カイワレをのせたら『海鮮丼』の出来上がり!!

 簡単でしょヾ(@°▽°@)ノ

 お好みで大根の千切り、わさびを

 添えてください。

麹(こうじ)でロハス

そして なんと!!

この海鮮丼に発酵教室オススメの出汁麹を

注ぐと『海鮮茶漬け』になります。

麹(こうじ)でロハス

塩こうじでお刺身の生臭さが抜けグレードアップ

します。

是非いろいろなお刺身でお試しくださいネ。

ありがとうございました。