近所のスーパーに行くと 入り口付近に必ずアボカドが

積んであるんです。

ほぼ毎日行くのですが、品切れしていることがないんですよね。

こんな洒落たものいったい どなたが買うんだろ???

レジに並んでいると初老の奥様風の方、ちょっとカゴに

目をやるとアボカド2個入ってました。

ヘェー  どうやって召し上がってるんでしょうか?

すると うちの料理ベタの娘もアボカド買ってきました。

私はびっくりして 「何に使うと?」 (博多弁(^o^;))

娘「なんでも よかろうもん!!」 可愛げのない( ̄へ  ̄ 凸

ちょっと見てました。

アボカドの身になるまで 悪戦苦闘

ベタベタ メチャクチャでした。

トーストを焼いて、その上にアボカド、ゆで卵、生たまねぎ

それにエビの茹でたの塩とマスタード

それを サンド

その厚さ 口に入るのか?  と思いきや

開いてました。(°д°;)

「それ どこで教えてもらったの?」と聞くと

某カフェの人気のサンドとか 昼時早々に売り切れると

言ってました。

アボカドはエンザイム(酵素)たっぷりだし・・・・

そこで考えたのが『アボカドの生春巻き』

発酵教室では、ローフードの入門編で前菜に出しました。

麹(こうじ)でロハス
麹(こうじ)でロハス

作り方は簡単です。

○材料        ○調味料

 ライスペーパー   塩麹

 アボカド        甘酒

 カイワレ        ゴマ

 エビ           酢

 深ねぎ         タバスコ

              ゴマ油

ライスペーパーを水で戻します。

ちょっとぬるめの湯にくぐらせると早いです。

ほんの何十秒でしっとりしてきます。

その上にアボカド、ゆでたエビ、カイワレ、深ねぎの

千切りを端から巻いていきます。

タレは、上記の調味料を全部まぜるだけです。

辛味は調節して下さい。

アボカドは別名『森のバター』と呼ばれるくらい栄養

豊富な果物です。

また、酵素(消化酵素)もたっぷりなので前菜には

もってこいです。

皮がむきやすくなると食べごろ。

すぐに変色して酵素も半減してしまうので、切った

ものは残さず食べきってしまいましょう。

よかったらお試し下さいネ。