今日はクリスマスイブ

発酵教室の生徒さんから美味しそうな

メールが続々と送られてきます。

パネトーネや手打ち生パスタ、ソーセージ

クロワッサンなどどれも美味しそうです。

手作りの楽しさとご家族の喜ばれるお顔が

目に浮かんできます。(‐^▽^‐)

そんなイブの日味噌造り教室をしました。

小さなお子さんも一緒に約2時間

集中を切らさず、力いっぱい美味しく

なるようにと味噌造りしました。

麹(こうじ)でロハス

熟成されて食べられる春が愉しみです。

焼き立てのパンとお茶を飲んでとても

楽しいひと時でした。

麹(こうじ)でロハス

さて、

今日もずっと小雪の舞う 寒ーい一日です。

こんな日には、カラダも温まって

免疫も高まるこんな物はどうでしょうか?

《お芋の甘酒》 そうなんです。

材料は、麹とさつまいもです。

お米で作ったものとはまたちょっと

違う上品な甘さになっていて

何か上等のスィーツのようです。

私流の作り方ご紹介させてください。

◆材料

 さつまいも

 玄米こうじ

 米こうじ

 湯冷まし

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

ふかしたさつまいもをつぶして、湯冷ましと

玄米麹・米麹を甘酒ポットに入れて

一晩保温すれば《お芋の甘酒》の

出来上がりです。

麹(こうじ)でロハス

薄黄色で香りもよく美味しくてしかも酵素

いっぱいで胸やけしないのが良いですネ。

年末・年始は美味しい物食べすぎてしまいがち

なので、お芋の甘酒など酵素をとって

体調管理して下さいね。

明日は今年最後の発酵教室で《甘酒まんじゅう》

作ります。甘酒や塩麹、生醤油麹もリクエスト

あったので、ご説明しようと思っています。

明日も寒そうなので、しっかり栄養とって

明日に備えます。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ