なんとか今年一年間大きなけがや病気を
せずに過ごせましたことに感謝です。

寒くなると毎年喉を腫らしていましたが
今年は大丈夫です。

腸の調子も良いですし、肉体疲労は
あっても、肩こりと腰痛も出ませんでした。

毎朝、目を覚ました時に
「今日一日元気出して、体が動きますか?」
と、時空(宇宙)に問いかけます

すると小鳥たちが機嫌よさそうに
「チュンチュン」と鳴いて返事を返して
くれているような気がして「よっしゃー!」と
気合を入れて起き上がっています。

そういえば、ユーミンの歌の中で
おんぷ
小さい頃は 神様がいて
・・・・・・・・・・・
優しい気持ちで目覚めた朝は、
おとなになっても奇跡は起こるよ
・・・・・・・・・・・・・
やさしさに包まれたなら きっと
目に映るすべてのことは
メッセージ

と、歌っていましたよね。
「やさしさに包まれたなら」です。

小鳥たちが私の問いかけに
メッセージを伝えてくれているのです。

私は、家庭菜園をはじめて気付いたのですが
風や雨、太陽の日差しのちょっとした
変化の中で、日々季節の移り変りをカラダで
感じることができるようになった気がします。

熱い時は、半袖のシャツを着て、水をたくさん
飲み、涼しくなると長そでのシャツに変わり
温かい飲み物がほしくなるのは当たり前ですが

今年の秋は、秋らしい晴れた日が続きました。

気温も例年よりも高かったのですが、植物の中
では、すでに冬支度がはじまっていたのです。

熱いからといって夏場のように水やりの必要は
なかったですし、微妙に葉っぱの様子も変化
していました。

ユーミンがこの歌を作ったのは1974年
ですから、20歳の時です。
すごいですね。

このころに『目にうつるすべてのことは
メッセージ』と気づいていたのですから。

あなたは、自分の未来知りたくありませんか?
占いや易や占星術など予知する方法は
あるようですが、テクニックを習得した達人
になるのは大変ですし、当たるも八卦
当たらぬも八卦ですから・・

もっと簡単にできることがあります。
それは、自分の周りに目をやり季節の変化に
耳を傾けてみることです。

自然界は私たちにいつもメッセージを送って
くれているのですから。

《問いさえ発すれば》

見つけられるはずです。

私のつたないメッセージを読んでくださって
ほんとうにありがとうございます。

来年も発信して行きたいと思いますので
どうぞ応援の程よろしくおねがい申し上げます。