『エクオール』
腸内細菌が食べた大豆製品から作り
出す物質。

女性ホルモンに類似したもので
スーパーイソフラボンとも呼ばれています。

私自身の最近の体調の変化に大きく
関係しているようです。

①疲れやすい

②肌のタルミ、顔のシワ、シミ

③頭痛・目の疲れ

④足腰の筋力低下

⑤手足の冷え

はっきり言って『老化現象』

体重の増加、ホットフラッシュ、感情の起伏等は
見られないのでまだ改善の余地が

早いうちに

先日アマゾンで『エクオール チェックキット』を
購入しました。

エクオールが私の身体でできて
いるのかがわかります。

早速検体を返送 10日程で結果が
わかるようです。

結果がでたらまたこのブログでご報告
いたします。

前回ブログにのせた『豆乳ヨーグルト』の
作り方の問合せが多かったので
改めてご紹介させてください。

◎材料
めいらくの「のむ大豆」 900cc

NS乳酸菌        1カプセル

甘酒            大さじ2

豆乳100ccに甘酒を入れて約40℃に
温めます。

その中へNS乳酸菌をカプセルから
出して入れ よくかき混ぜます。

30分ほど放置

甘酒ポットの中に移し残りの豆乳を
入れます。

10時間程保温すると出来上がります。

「のむ大豆」は固形分が多いので
室温などの条件の違いで8時間ほどで
固まる場合もあります。

※使用する器具は熱湯消毒した物を
  使いますが、熱いまま使用しないで
  ください。

甘酒ポットはレシピ、NS乳酸菌付きで
お取扱いしております。
(甘酒、塩麹、醤油麹、出汁麹、白出汁
 などこれでつくれます。)