(薬膳)
日常的に食べている食材にも薬のような効果が
期待でき、生薬を使わなくても体質改善ができる
という中庸な養生法。


私の毎朝のスムージーも無意識に薬膳では
ないでしょうか?

今朝のスムージーは
・黒麹の甘酒
・きな粉を米麹で発酵させたもの
・ハトムギの粉末

飲むというよりはよく噛んで食べるという感じですね。

甘味と酸味がほどよくマッチしています。
ハトムギ粉は焙煎されているので香ばしくてとても
美味しいです。

このハトムギ粉最近いろんなものに入れています。
お味噌汁に入れたりお茶にしたり・・・

東京の『優氣治療院』の平野裕美先生(薬膳士でも
ある)にハトムギの効能を伺って俄然興味が湧き
『麹』にすれば効果倍増と思い『ハトムギ麹』を仕込
んでいます。

『ハトムギ』

漢方薬でいう「ヨクイニン」です。
小川の淵などで見かける「じゅずだま」と同種だそう
です。

お米とは違って給水や発酵温度の管理が難しく
夜中に何度も様子を確認しながらの麹造りですが
何とか感じが掴めてきました。

一回目の「手入れ」の様子ですが、何やら甘さの
中に薬効の香りが漂っています。

うまくハトムギの中に麹菌がはぜ込んでくれれば
いいのですが・・・

出来上がりはまたこのブログでご紹介させて下さい。