今日は一昨日の福岡の地方紙『西日本新聞』に

掲載された記事をご紹介します。

内容は見ての通り地球温暖化が進み

北極の氷が少なくなりホッキョク熊が

絶滅の危機である。という内容です。

次にこの記事を見てください。

indeepさんからの引用です。

▲デイリーメール記事より

この記事では『時代は寒冷化へ』北極の氷が昨年に

比べて60%増している。というものです。

又、このグラフは

▲コロラド大学集計センターより

南極の氷の面積を1979年から2013年まで表した

ものです。

確実に南極の氷は増えているようです。

そして今年の冬は世界各地で記録的な大寒波が

襲っていますし、皮肉にも地球温暖化の調査団が

予想外の南極の氷によって閉じ込められてしまって

いるニュースが流されています。

なぜこのようにまったく逆な情報がでてくるのでしょうか?

『不都合な真実』(アルゴアさん最近あまり見ませんね)

は、それぞれの立場の人間によって

『都合の良い』情報に解釈されているようですね。

雰囲気に弱い私たち日本人ですが、ダウト(疑念)を

持つ習慣が大切ですし、問いを持てば自然と答えは

出てくるはずです。