私は小さなころから少し変わった子だった

ようで、実家に出入りしていた大工さんに

頼み込んで庭に大人一人が横になれる

くらいの、ギザのピラミッドを模したピラミッドを

作ってもらったことがあります。

そのピラミッドの中で宿題をしたり食べ物を

持ち込んだりして、そのピラミッドの中が遊び

場でした。うとうと昼寝をしてしまったことも

ありました。

その中では、今では夢のような不思議な事

が起こっていました。

そんな好奇心旺盛な私が、今一番知りたい

のは、

『本当の事』 です。

・地球の本当の事

・日本の本当の事

・世の中の本当の事

・宇宙人の事

など『本当の事』が知りたいんです。

誰か教えてくださ~い!

さて本題です。

昨日は、久しぶりに福岡県粕屋郡宇美町

の[宇美八幡宮]に午後から行ってきました。

ここには、樹齢何百年もの楠が境内に

20本以上もあっていつ行っても良いエネルギー

をいただけます。

麹(こうじ)でロハス

麹(こうじ)でロハス

また楠の樟脳の香りが心地いいです。

ここのお社の裏手に「韓石」という大きな石が

あります。

この石は、朝鮮半島から持ち込まれたと

いう言い伝えがあるそうですが、はっきり

とはわからない謎の石です。

麹(こうじ)でロハス

この石には、古代シュメール王朝の

「豊穣の神」のシンボルである「七枝樹」

が彫られているんです。

紀元前3000年以上も前のものです。

もう10年以上も前になりますが、岩に

彫られた文字(岩刻文字:ペトログラフ)の

研究者で、ユネスコ岩石芸術学会 日本

代表で日本ペトログラフ協会会長の

吉田信啓先生に教えて頂いたことがあり

ます。

先生は、日本各地で岩に彫られた文字を

発見されて現在では、日本中で7000個

以上のペトログラフを世に出しています。

斬新な考古学者です。

この宇美八幡のペトログラフは、夢のお告げ

があって、発見されたとおっしゃっていました。

確か裏側にあるはずなのですが、コケや

風化で確認できませんでした。

麹(こうじ)でロハス

でも、しばらく石を見つめていると

何やら動物か台車などの文様が浮かび

上がってきたように見えました。

「ヒエログリフ」のようです。

麹(こうじ)でロハス

やはりこの石は、由緒あるもののようです。

帰りに美味しい梅ケ枝餅をいただき

いいエネルギーも充填できとても

気持ちのいい日曜日でした。

今回は、以上です。

最後まで読んでいただきありがとうございました。

ご質問などございましたらお気軽に
お問合せフォームよりお問合せくださいね。

ブログランキングの
応援クリックをお忘れの方は、
ここをクリックしてくださいね。
↓↓↓

ライフスタイル ブログランキングへ

br />